売り手市場、人手不足といいながら、一年中ふんだんに求人情報があふれているわけではありません。

20代30代なら求職者が選べるほど求人があるかもしれません。

けれども40代50代を受け入れる求人が、特に事務職の場合は豊富にあるとは思えません。

派遣の事務の求人が多くみられる時期ってあるのでしょうか?



派遣事務の転職に最適な時期はあるのですか?

geralt / Pixabay

求人情報が多い時期というのは確かにありますね。

感覚としては、派遣先となる企業の人事異動や組織改編がある3~4月や9~10月が求人情報は多いように思います。私は今まで9月開始の派遣先が1社、11月開始が1社でした。

3・4月は新入社員の就業時期と重なりますね。

派遣求人が増える時期というのは人事異動や組織改編で派遣先となる会社自体が忙しい時期です。

途中入社や派遣社員の就業開始してすぐは、引き継ぎがうまくいかなかったり、きめ細かく見てもらえないかもしれませんね。

私も経験あるのですが、就業したのにしばらく仕事内容を教えてもらえずに放っておかれることもあるんですよ。

負けずに様子を見ましょう!

競争率や平均値など数字に惑わされない

geralt / Pixabay

求人数が増える時期というのは同時に退職者・転職者の人数も増えていると思います。

求人数が増えていても職に就きたい人の数も増えていて、実は競争率は高まっているかもしれません。

競争率はどうであれ、あなたが実際採用され勤務が開始出来ればそれでよいわけです。

○○率や平均値などの数字に惑わされないようにしましょう。

求人数が増えれば就きたい仕事の選択肢が増えるのでいいですよね。

派遣契約しやすい時期は有るような無いようなものです。

実際にあなたが契約を取れればいい話です。

産休社員の代替要員としての短期契約などや一時期のプロジェクトのために募集する短期契約があります。

長期契約は恒常的に人手不足の部署や組織改編で新しい部署ができた時などの対応で募集があります。

長期契約の予定で募集していても、派遣契約は最初は1カ月、後に3カ月毎の更新制となりますので戸惑わないでくださいね。

転職活動のタイミングを見極めるコツ

geralt / Pixabay

大切なのは、普段からアンテナを張っておくことです。

普段から求人情報誌や折り込みチラシ、求人サイト派遣口コミサイトをチェックするようにしておけば、どんな会社が自分の希望に合うか知ることができます。

求人情報誌や折り込みチラシなどでは、同じ会社が時期に関わらず人材募集していることがあります。

忙しい職場なのかな、人手不足なのかな、と見当をつけることができます。

はたまたブラック企業で定着しないのかな、など想像することもできます。

口コミサイトなどで検討することも有効です。なかには偏った意見もあります。

たくさんある情報の中から自分に合った職場を探すために、色々な声に接して見極める目を養いましょう。

関連記事:派遣事務の再就職は年齢を気にするより求職をあきらめない!

最適なタイミングで転職するために

これはと思う求人を見つけたら即応募できるように態勢を整えておきましょう。

派遣会社への登録がまだでしたら登録会に参加しましょう。 オフィスへの訪問無しでネットで登録できる派遣会社もあります。

まずは40代50代という年齢に関係なく必要とされるスキルを身につけることです。
そして行動に移しましょう。

入口にたたずんで行動に移さないのが一番良くありません。

動きださなければ何も始まりません。

今のこの時期にこのタイミングで仕事に就きたいという熱意。

そして一歩を踏み出す行動力。

それが契約を勝ち取るコツです。